ホーム>  連合岐阜の活動> 2013年
         
               

       2012年  2011年      

  2013連合平和行動in根室へ7人が参加


 (参加者の報告と感想を掲載しています。)
 【日程】  
 ◆ 14日(土) 北方四島学習会(北方四島交流センター )
  第1セミナー  「ふるさと北方四島への思い」
             講師 鈴木咲子 氏(元島民)
  第2セミナー  「日本の海と領土問題」
             講師:山田吉彦氏
             (東海大学海洋学部教授)
  第3セミナー  「北方四島の今を知ろう」 
             講師 児玉泰子 氏
            (北方領土返還要求運動連絡協議会事務局長)
  第4セミナー  「北方四島の自然と諸問題」
             講師 本間浩昭 氏
            (毎日新聞記者・北の海の動物センター理事)
  第5セミナー  「ロシア風水餃子”ぺリメニ”づくり」 
              講師 佐々木アンナ 氏(ロシア料理家)
 
参加された方のピースメッセージ
 ◆15日(日) 2013平和ノサップ集会(納沙布岬・望郷の御崎公園 
  @主催者挨拶 A地元歓迎挨拶 B来賓挨拶・来賓紹介  C元島民の訴え D特別報告
  E平和メッセージ  F平和リレー G集会アピール採択 Hがんばろう  



 【北方四島学習会】
 元島民の方によるふるさと北方四島への思いの講話からロシア風水餃子づくりの体験まで、さまざまな方向から北方四島の問題を学びました。
 岐阜は第2セミナー「日本の海と領土問題」で、排他的経済水域や中国の潜水艦による侵犯のお話などを聞かせていただきました。


  【2013平和ノッサップ集会】
 南雲連合事務局長が、「連合は、四島の返還と日ロの平和条約が締結されるまで、平和を希求する労働組合の立場で運動を続け、世論を喚起していく。」とあいさつされました。
 また、この集会でも元島民の訴えとして、鈴木咲子さんが北方四島の返還を強く訴えていました。 



  2013平和ノサップ集会では、台風の接近による雨や、異常気象による霧(例年ならこの時期は涼しくなって霧が晴れるそう)で、残念ながら北方四島は全く見えませんでしたが、島の返還に対するみなさんの思いなどを強く感じることができました。

 遠く離れた地に住む私たちは、北方四島の問題を、「小学校の社会で習ったなぁ・・・」などというあまり身近な問題として感じることができていなかったような気がしますが、元島民の鈴木 咲子さんが、1945年に占領されてから68年が経過し、多くの方がふるさとに帰れないままに亡くなられてしまったということを話されていて、帰りたくても帰れず、無念のまま亡くなられたんだなぁ・・・ということを思うと、やはり1日も早く返還してもらいたい!という気持ちになりました。

 北方四島の返還を求める中で、私たちが直接的にできることは少ないと思いますが、こういう問題があり、苦しんでいる人たちがいるということを周りの人や次の世代へ伝え続けていかなければならないし、それが私たちにできる運動だと思いました。
1日も早い返還を願って・・・。