ホーム>  連合岐阜の活動> 2014年
         
               

   
 2013年
2012年 2011年    

 
       
平和行動in根室に10人が参加 〜北方領土返還運動に粘り強く取り組みを
   


参加された方々の報告と感想を掲載しています




 9月14日から15日の2日間にわたり「2014平和行動in根室」が開催され、連合岐阜からは10人が参加をした。
 1日目は納沙布岬・望郷の岬公園において「2014平和ノサップ集会」が開催され、連合の古賀会長は「元島民も高齢化が深刻となっている。北方領土の解決に向け、諸団体と連携して一層の世論喚起を努めていく。」とあいさつされた。

 

わが国の領土にも関わらず、強制的に追い出された島民の方々の想いはどんなにつらかったことだろうと心を打たれた。
 他の平和行動と同様に、今では過去の歴史を言い伝える元島民の方々も高齢となり、領土返還を一刻も早く実現し日ロの友好関係を構築することが望まれている。そのためも連合として後押しする取り組みが必要だと感じた。
 



  



2日目は根室市総合文化会館において「北方領土の返還を求める連合シンポジウム」が開催された。第1部には「元島民からの訴え」と題し得能 宏氏より講演をいただき、第2部ではパネルディスカッションが行われ、様々な角度から、今後の北方領土返還に向けた意見交換がなされた。
  
 参加者のピースメッセージ