マリ共和国へ支援米を発送

トップ | ニュースアーカイブ | マリ共和国へ支援米を発送

IMG_9928 IMG_9951

連合栃木食とみどり水を守る推進委員会が取り組む「アジア・アフリカ支援米」。1月16日(月)にはアフリカのマリ共和国へ向けた発送式を行いました。栃木県労働者福祉センターの駐車場で行われた発送式には、委員会のメンバー、連合栃木役員のほか、来賓に福田昭夫衆議院議員、松井正一県議会議員、青木義明中央労金栃木県本部長、伍井邦夫栃木県労働者福祉センター理事長にご出席をいただきました。

支援米は昨年、鹿沼市内で田植え、稲刈りを組合員や家族の皆さんと一緒に実施し、480kgを収穫していました。品種は「とちぎの星」です。

食糧不足の地域への国際貢献活動ではありますが、私たちも生産者の皆さんへの感謝を忘れないようにしましょう。連合栃木では、「食べ残しゼロ」を目指す「15・10(いちご・いちまる)運動」にも取り組んでいます。

IMG_9955

« 『2017新春のつどい』を開催 -決意、新たに― | 青年委員会定期総会を開催 »

ニュース一覧へ戻る