県部局と意見交換 「政策・制度要求と提言」

トップ | ニュースアーカイブ | 県部局と意見交換 「政策・制度要求と提言」

対県交渉青木会長佐藤副知事

 11月16日(金)、宇都宮市内において県各部局との意見交換を行いました。この意見交換は、連合栃木が県に提出した2012~2013年度「政策・制度要求と提言」の回答を受けて実施。「要求と提言」の中で、連合栃木が重点課題と位置付けた38項目の要求に対する回答に対して質問や補足意見を述べた。連合栃木からは青木会長を始め、三役・執行委員、政策委員、産別・地協などの担当者、関係議員ら約30名が出席。

 この日は、栃木県知事選挙中のため福田知事は欠席した。冒頭、県を代表して佐藤副知事が挨拶。佐藤副知事は「震災から立ち直り、新たな栃木づくりに向け、県は新とちぎ元気プランを着実に推進していきます。連合栃木からの要求と提言は、十分に検討を加えて対応して参ります」と挨拶された。

 その後、県の産業労働観光部を始め8部局と意見交換を実施し、連合栃木出席者からは要求と提言の実現に向けて、活発な意見が出された。

  → 本年度の「要求と提言」・「県回答」はこちらから。

亀田副会長吉成副会長白土副会長

斉藤副会長伊東副会長

 

« 連合栃木の活動方針を補強 -第6回年次大会- | 「2012連合栃木女性集会」「女性委員会定期総会」開催 »

ニュース一覧へ戻る