連合栃木2012春闘方針を確認

トップ | ニュースアーカイブ | 連合栃木2012春闘方針を確認

 連合栃木は1月16日、第2回闘争委員会を開催し、連合栃木における2012春季生活闘争方針を確認決定しました。方針は、連合本部方針を踏まえ、全ての組合が取り組むミニマム運動課題として、

(1)賃金制度の確立・整備と賃金カーブ維持分の明示・確保

(2)非正規労働者を含めたすべての労働者を対象とした処遇改善

(3)企業内最低賃金協定の締結拡大と水準の引上げ

(4)産業実態をふまえた総実労働時間の短縮、時間外・休日労働の割増率引上げ

以上、4つを掲げています。

2012春季生活闘争は、世界経済が大転換期とも言える状況にあり、取り巻く環境が昨年以上に厳しい中で、「市場と効率」に傾斜した経済運営や企業経営のあり方を根本から問い直し、健全な危機感を共有しつつ、厳しさに流されることなく、成長の源泉である「人財」を育て上げる観点を含め、昨年と変わらない要求を掲げ、交渉し、成果を引き出す取り組みを進めていきます。

 

連合栃木2012闘争方針・・・ダウンロード[pdf]

 

« 2012新春のつどい 県内から350名参加 | マリ共和国へ支援米457kg送る »

ニュース一覧へ戻る