私たちの政策を県政へ ~知事に政策要求を提出~

トップ | ニュースアーカイブ | 私たちの政策を県政へ ~知事に政策要求を提出~

要請書手交福田知事意見交換 

 連合栃木は7月3日、本年度とりまとめた2012~2013年度県施策に関する「政策・制度要求と提言」を福田富一知事に提出した。当日は、青木会長、亀田副会長、吉成副会長、白土副会長、加藤事務局長、小林副事務局長が出席し、知事と意見を交わた。

 要求書を提出にあたって青木会長は、「本年度は震災からの復興など、災害対策を中心に内容をとりまとめた。少子高齢化の対応や税収など財政課題は多いが、施策への反映を検討頂きたい」と申し添えた。

 福田知事は、「連合からの要請を真摯に受け止めたい。災害に強い県土づくり、子供の安全対策などに取り組みたい。また、本県ものづくりには良い人材の育成が重要。企業努力と共に行政としても取り組んでいく」と応じた。

 本年度の要求内容は、特に東日本大震災からの復興や、防災対策、地域経済の活性化などを中心とした116項目。その中から38項目を重点課題と掲げ、最優先に実現を目指すこととした。また県議会議員を中心とした連合栃木議員懇談会と連携し、議会対策や、県からの回答を受けての意見交換会(11月予定)を通じて、要求実現に取り組んでいく。県からは9月頃に回答を頂く予定。

 

※ 2012~2013年度・政策・制度要求と提言(pdf)

 

« 「願う」平和から「叶える」平和へ ~平和行動in沖縄 報告~ | 若年者雇用など労使で意見交換 »

ニュース一覧へ戻る