食とみどり水守る運動「支援米稲刈り」「森林見る会」

トップ | ニュースアーカイブ | 食とみどり水守る運動「支援米稲刈り」「森林見る会」

アジア・アフリカ支援米稲刈り

2012稲刈り①2012稲刈り②稲刈り③

 10月6日(土)、食とみどり・水を守る運動推進委員会主催によるアジア・アフリカ支援米の稲刈りが、若干の曇り空のもと大田原市内で行われました。今年は、5月12日に田植えを行い、8月5日に稲の生育状況の観察会を初めて実施してきました。稲田所有の大宮司さんのご協力により、たわわに実った稲に感激しながら慣れない手つきで約1時間の手狩り作業を無事に終え、約450㎏の米を収穫しました。後日アフリカのマリ共和国へ送る予定となっています。

 昼食交流会では餅つき大会を行い、子どもは杵の重さにふらつき、大人は腰をかばいながら約一斗の餅をつき、地元自治会の皆さんが用意してくださった納豆・黄粉・あんこ・大根おろしでからめ美味しくいただきました。また、お餅の他に、けんちん汁や漬物、そして薪を使ったかまどで炊いた新米も用意していただき、特に「おこげ」は大人の参加者に大好評でした。

 

第8回森林(もり)を見る会

2012森林①2012森林③2012森林②

 秋空のもと10月13日(土)、36名の参加者により「第8回森林を見る会」を開催しました。日光市清滝安良沢の日光森林管理署日光事務所に集合し、日光事務所の生方次長よりご挨拶をいただいた後、事務所裏の国有林に入り、熊や鹿が剥いだ樹木を見ながらその違いや被害の実態、防護ネットの巻き方について担当者から説明を受けました。すぐ下が安良沢の住宅地であり、そこまで熊や鹿が下りてきている現状に驚きつつ、5班に分かれて約1時間の防護ネット巻き作業を行いました。

 作業終了後、分乗して裏見の滝に向かい、紅葉には少し早かったですが秋の日光を満喫して閉会しました。 

 

« 労使セミナー「メンタルヘルス講座」を開催 | 第1回中小労組交流集会を開催 »

ニュース一覧へ戻る