STOP THE 格差社会! 宇都宮で街頭宣伝

トップ | ニュースアーカイブ | STOP THE 格差社会! 宇都宮で街頭宣伝

201360301 谷博之参議院議員 201360303
 

 連合が全国で展開する「暮らしの底上げ実現。STOP THE 格差社会」キャンペーンの一環として連合栃木は3日(月)、JR宇都宮駅西口周辺で街頭アピール行動を実施した。

 これは、「解雇の金銭解決制度の導入“クビ切り自由化”」や、「ホワイトカラーイグゼンプション“残業代不払い制度”」の導入など、労働者保護が後退しかねない安倍政権の動きに対して反対を示す行動として全国で展開されている。また、最低賃金の引き上げについても理解を求めるため、チラシ・ティッシュなどを配布。

 また、職場での困りごと(賃金、解雇、いやがらせ)などについても、連合の「なんでも労働相談ダイヤル」で相談を受け付けていることをアピールした。

 この日の街頭行動には、谷博之参議院議員も応援に駆け付け、労働者保護の後退は許されないと、訴えた。

 

 

« 議員懇談会が第23回定期総会を開催 | 「労働相談」「研修会」「要請行動」-男女平等月間の取り組み »

ニュース一覧へ戻る