2013春闘 経済団体へ要請書を提出

トップ | ニュースアーカイブ | 2013春闘 経済団体へ要請書を提出

2013商工三団体要請 商工三団体要請2 

 2013春季生活闘争の一環として連合栃木は3月5日、栃木労働局及び県商工三団体に対し各種要請行動を実施した。連合栃木からは青木会長をはじめ三役、副事務局長が出席し、県内雇用情勢などについて意見交換を行った。

 春闘は個別労使による交渉や話合いを通じて労働条件の改善を目指すことが基本にあるが、要請書では、特に労働組合の無い企業や職場においても、行政の取り組みや、企業の社会的責任として、労働契約法や高年齢者雇用安定法などの関連法令遵守や、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて長時間労働の是正や不払い残業の撲滅、メンタルヘルス対策などが十分に講じられることを求めた。3月7日には県経営者協会と栃木県(商工労働観光部)に対しても同様の要請行動を実施。あわせて、栃木労働局と県経営者協会に対して、最低賃金の引上げに関する連合栃木の考え方を示し、理解を求めた。

 

主な要請項目

◎最低賃金法や下請関連法の実効性確保

◎改正労働者派遣法、改正労働契約法、改正高年齢者雇用安定法の周知

◎新卒者を含む若年者の雇用確保

◎公契約における公正な労働条件の確立

◎ワーク・ライフ・バランスの実現

◎メンタルヘルス対策、労働安全衛生対策の強化

◎非正規労働者に関するコンプライアンスの徹底

 2013栃木労働局要請 2013経営者協会要請 2013栃木県要請

« 2013春季生活闘争「要求獲得!」総決起集会 | 3.8国際女性デー  街頭でPR活動 »

ニュース一覧へ戻る