2013春闘 街頭で労働相談を呼び掛ける

トップ | ニュースアーカイブ | 2013春闘 街頭で労働相談を呼び掛ける

2.2宣伝1 2.2宣伝(谷議員) 2.2宣伝2

 連合栃木は2月4日(月)JR宇都宮駅前において、「労働相談」のPR活動を実施しました。

 連合は2013春闘を『すべての労働者の処遇改善を追求し「働くことを軸とする安心社会」の実現』をめざすための活動と位置付けています。この日の街頭宣伝では、労働組合の無い職場で働く方なども、連合の「労働相談ダイヤル」を活用し、職場の問題解決に向けて一緒に頑張ろうと呼び掛けました。

 また、民主党県連代表の谷博之参議院議員も応援に駆け付け、青木会長とともに宣伝車の上から、国政報告とあわせて連合栃木の活動をアピールしていただきました。街頭では、連合栃木宇河地協役員の皆さんが、通行中の方々にチラシ、ティッシュを手渡しながら「職場で何か困った事があったら、連合栃木の労働相談にお電話ください」と呼び掛けました。

 連合栃木は、2月4日~8日を労働相談週間として、受付体制を強化し、相談を受け付けています。相談は無料。必要に応じて面談での相談も可能。

 電話 0120-154-052 [全国共通・フリーダイヤル]

 時間 10:00~17:00

[※電話をかけた地元の連合で相談を受け付けています]

 

« 「連合栃木2013春季生活闘争討論集会」を開催 | 2013春季生活闘争「要求獲得!」総決起集会 »

ニュース一覧へ戻る