賃金改善実現の年へ 2014新春のつどい

トップ | ニュースアーカイブ | 賃金改善実現の年へ 2014新春のつどい

連合栃木は「2014新春のつどい」を1月6日(月)に開催し、本年最初の心合わせを行いました。新春のつどいには県内各地から労働組合の役員・組合員や、行政、連合議員懇、業界団体などから300名を超える方々にご出席をいただきました。

開会にあたり、連合栃木の加藤会長はまず、昨年多発した自然災害によって被災された方々にお見舞いの言葉を述べました。また、「連合は5年ぶりに実質賃金の改善要求を行う。定期昇給分と物価上昇分、そして格差是正分を合わせて3から4%以上の賃金アップを要求することを方針決定した。消費税増税分3%を越える妥結結果を得られることを期待し、各組合にはご努力をお願いしたい」とし、今年の春闘交渉へ期待を寄せ、連合栃木も全力で支援していくこととしました。

さらに、今年は県内で市町議会議員選挙等が相次ぐことから、「中間地方選挙では連合栃木が推薦する候補者の全員当選を目指し、来年の統一地方選挙にタスキをつなげていきたい」と決意を語りました。

来賓を代表し、栃木県の佐藤副知事、栃木労働局の坂本局長、宇都宮市の高井副市長、民主党栃木県連の福田代表からご挨拶をいただきました。

その後、中央労働金庫栃木県本部の青木本部長の発声による乾杯から、亀田副会長の中締めまでの約2時間、参加者は親睦を深めました。

なお、抽選会では、多くの構成組織、労働組合、地協、関係団体の皆様から賞品提供をいただきました。あらためて感謝申し上げます。

 

加藤会長 2014新春2

2014新春4 IMG_0816

 

« 2014年 年頭あいさつ | 信頼されるリーダー目指す 青年委員会総会 »

ニュース一覧へ戻る