「クラシノソコアゲ応援団」JR佐野駅前でアピール

トップ | ニュースアーカイブ | 「クラシノソコアゲ応援団」JR佐野駅前でアピール

 

20160125佐野駅前

連合栃木は「クラシノソコアゲ応援団!」のアピールを1月25日、JR佐野駅前にて実施しました。

早朝7時からの活動にも関わらず、地元わたらせ地域協議会役員の皆さんや、佐野市の山口孝議員、大川圭吾議員、足利市の吉田晴信議員らが応援に駆けつけて頂きました。

凍てつく寒さの中でしたが、訴えた内容は、春闘で「底上げ・底支え」「格差是正」を実現して経済の好循環をはかることや、連合の労働相談活用のお願いなどです。また、この時間の駅利用者は高校生が多かったこともあり、この夏の参議院議員選挙では選挙権が18歳に引き上げられたこと、ブラック企業・ブラックバイトへの注意も呼びかけました。各議員からも、地元の活性化や子育て施策充実の必要性などの訴えがありました。

 

« 経済の好循環をはかる!「2016春闘」 | 労働相談「ワークルール無視は許さない!」 »

ニュース一覧へ戻る