田植え やりました ~アジア・アフリカ支援米~

トップ | ニュースアーカイブ | 田植え やりました ~アジア・アフリカ支援米~

DSCF9073 DSCF9108 P1190915

5月29日、晴天のもとで連合栃木食とみどり水を守る推進委員会主催の「アジア・アフリカ支援米」の田植えがを行いました。連合栃木として、毎年この支援米をアフリカにあるマリ共和国へ送っています。今年から、場所を大田原市から鹿沼市へ移しての開催となりました。

最近、農業に関心をもつ若者が増えつつあります。田植えには多くの子どもたちも参加してくれました。食育にも関心を持ってもらうという意義も含めて開催しています。

アジアやアフリカでは、飢餓で食べたくても食べれない。そんな環境下で子どもたちが生活をしています。
美味しい日本の米を無駄なく食べてもらうことで、つくる側、送る側の私たちにとっても励みとなっています。
これからは、日々の管理についてはご支援いただく福田様(管理者)にお世話になりますが、10月のたわわに実った稲の収穫時(稲刈り)にも、多くの皆さんに参加いただけることを願っています。

(2016年5月30日 加藤会長ブログより http://rengo-tochigiiblog.cocolog-nifty.com/blog/

 

田植え1

田植え2

« 教育政策シンポジウムを開催 | 男女平等月間で経済団体への要請など各種活動 »

ニュース一覧へ戻る