政策・制度「再要求書」を提出

トップ | ニュースアーカイブ | 政策・制度「再要求書」を提出

P1200369

連合栃木は12月22日(木)、栃木県福田知事に対して、非正規労働者の均等待遇支援などに関する政策4項目を要請しました。これは2016年7月に栃木県に対して要請した政策・制度要求項目や従来の重点項目から、特に実現を求める内容について再要求としたものです。再要求した項目は医師確保対策の推進、待機児童の解消など子ども子育てサービス拡充、政治改革として、投票率向上の推進など。

福田知事は「連合栃木の皆さんからは、多くのご提案をいただいた。貴重な意見を反映し、後日回答したい」とした。また、2017年に県内で開催されるイベントに触れて「3月31日からはツール・ド・とちぎ、8月11日は「山の日全国大会」が那須町で開催される。11月の「技能五輪」、「アビリンピック」において、若手の技能・技術に目を向けて、障がい者の技能向上、雇用アップにつなげていきたい。今後もブランド力を高めるように努めていきたい」と話されました。

 

« 15・10運動 | 『2017新春のつどい』を開催 -決意、新たに― »

ニュース一覧へ戻る