男女平等月間で経済団体への要請など各種活動

トップ | ニュースアーカイブ | 男女平等月間で経済団体への要請など各種活動

IMG_7091 IMG_7188

連合「男女平等月間(6月)」の取り組みとして、連合栃木では女性委員会を中心に様々な活動を展開しました。

5月18日は、女性の地位向上や、マタニティハラスメント、セクシュアルハラスメントの撲滅を訴える街頭宣伝を実施。

5月19日、20日には「連合全国一斉・女性のための労働相談キャンペーン」として、労働相談会を開催。2日間で5件の相談が寄せられました。

6月4日は、「連合栃木・男女平等月間研修会」を開催。「労組女性役員の活躍推進に向けた未来セッション」と題して、意見交換を実施しました。意見交換の中では、女性役員がいることによって「女性特有の相談ができる」、「女性の声が執行部に反映できる」、「育児や介護などについて、女性役員が交渉役になることで、使用者と話しやすい」などのメリットがあげられました。労働組合としても、女性役員が活躍できる環境整備、組合活動の見直しが必要であることも確認しました。

6月13日には、職場の男女平等推進に向けて、栃木県経営者協会や栃木県商工三団体に要請書を提出。各団体の皆様と職場や社会の現状について、意見交換をさせていただきました。また、栃木労働局雇用環境・均等室にも均等行政の強化について要請いたしました。

連合栃木は現在、第4次男女平等参画推進計画を展開中です。引き続き、女性の役員登用や女性参画に取り組んでいきます。

P1200116 P1200121

P1200029

« 田植え やりました ~アジア・アフリカ支援米~ | 2016平和行動in沖縄 »

ニュース一覧へ戻る