2016平和行動in沖縄

トップ | ニュースアーカイブ | 2016平和行動in沖縄

P1000297

6月23日(水)~24日(金)において、連合平和行動in 沖縄に連合栃木として8名が参加してきました。

2016連合平和行動は「恒久平和の実現に向けて次世代につなぐ新たな一歩を」がテーマ。今年もが沖縄を起点として始まりました。

毎年、沖縄では、6月23日を日本軍の組織的戦闘が終結した節目としてとらえ、1974年に「戦没者追悼、恒久平和を希求する日」として沖縄慰霊の日が制定されています。連合では、その日に合わせて連合平和行動in沖縄が開催されています。

23日の「平和オキナワ集会」では、「語り部から学ぶ次世代への継承と沖縄の現状」と題し、当時に状況を泣き笑いを感動で綴っていただきました。続いての平和式典では、地域・職場から「平和メッセージ」、連合広島への「ピースリレー」、連合沖縄より「平和アピール」が行われました。

24日は、「ピースフィールドワーク」が県内3コースに分かれて開催され、「ひめゆりの塔」や「平和祈念公園」など沖縄戦跡を見て、学んでの体験学習となりました。

その後、「在日米軍基地の整理・縮小」「日米地位協定の抜本的見直し」を求める行動として、県庁前での集会と国際通りでのデモ行進を行いました。戦後71年を迎えた今、安保法案が強行採決により可決され、沖縄では米兵による事件が発生しています。

今一度、恒久の平和を叶えるためにも、今ある平和について全員が考える必要があります。

平和行動の中で、語り部の方やピースガイドの皆さんが言われていた「過去は変えることはできないが未来は作ることができる」「風に涙はかわいても、この悲しさは消えない」。この言葉を胸に刻んできました。

 

P1000306 P1000215

P1000207 P1000268

P1000247 IMG_0289

« 男女平等月間で経済団体への要請など各種活動 | プラスワン休暇 »

ニュース一覧へ戻る