県内初開催 ワークルール検定 27名が受験

トップ | ニュースアーカイブ | 県内初開催 ワークルール検定 27名が受験

勤労感謝の日の11月23日、「ワークルール検定2017秋(初級)」が宇都宮市の栃木県教育会館で開催された。一般社団法人日本ワークルール検定協会が主催(後援:厚生労働省、日本生産性本部)し、連合栃木が栃木会場の運営を行った。今回は栃木を含め全国14会場で一斉に実施。県内初開催となった栃木会場では、労働組合関係者や一般の方など27名が受検した。

「ワークルール」とは、働くときに必要な法律や決まりだが、この知識の欠如により労働問題が顕在化することがあり、自分を守るためにワークルールを知るニーズが拡大している。しかし、学校教育の過程でワークルールについての教育はほとんど実施されておらず、実際の職場でも話し合う機会がほとんどない状況。安心して働ける職場をつくるきっかけにしたいと、2013年より検定制度が創設され、連合も11月23日を「ワークルール検定の日」として啓発を行っている。

日本ワークルール検定協会 http://www.workrule-kentei.jp/

 

IMG_0785 IMG_0793

« 春闘方針説明会 | 無料弁護士相談日 »

ニュース一覧へ戻る