「戦争の悲惨さ、平和の尊さ」学ぶ ~平和行動in沖縄~

トップ | ニュースアーカイブ | 「戦争の悲惨さ、平和の尊さ」学ぶ ~平和行動in沖縄~

19366517_1240988889343811_402915969733669714_n 19420404_1242764959166204_7090178102029921211_n

今年の連合平和行動のスローガンは「語り継ぐ戦争の実相と運動の継続で恒久平和の実現を」。6月23日、浦添市てだこホールで開催された平和オキナワ集会では、沖縄戦で亡くなられたすべての人々に心から哀悼の意を捧げ、「戦争の悲惨さ、平和の尊さ」を学び、平和運動を推進することを誓いアピールを行った。

2日目は「ピースフィールドワーク」に参加した。連合栃木5名は、旧海軍司令部壕、普天間基地、ひめゆりの塔、魂魄之塔、平和記念公園のコースで、それぞれ連合沖縄の役員皆様から丁寧な説明を受け、改めて沖縄戦の激しさと、沖縄戦で尊い命を落としたすべての皆様のご冥福を祈りつつ、平和の尊さを学んだ。

夕方からは「在日米軍基地の整理、縮小」、「日米地位協定の抜本的見直し」集会とデモ行進に参加。沖縄は梅雨明けしたばかりで、蒸し暑い中での行進になった。今回は特に、地元連合沖縄の皆様に大変お世話になり、感謝を申し上げたい。

(連合栃木事務局長 吉成 剛)

« オレンジリボン発祥の市民団体へ寄付金 | 生き生きと働くために ~足利で女性組合員が交流~ »

ニュース一覧へ戻る