とちぎ「派遣切り」生活相談会を開催

トップ | ニュースアーカイブ | とちぎ「派遣切り」生活相談会を開催

連合栃木では、緊迫する雇用情勢をふまえ、1月24日(土)、25日(日)に、『とちぎ「派遣切り」生活相談会』を宇都宮市内で開催しました。
 
 相談内容は「労働」、「就職」、「住居」、「多重債務」等で、いわゆる「派遣切り」された労働者等の相談者に対しては、県内自治体の緊急雇用対策等の臨時採用の紹介や、住居に関して公営住宅募集の紹介や手続きの方法を説明しました。また中央労働金庫栃木県本部や連合栃木顧問弁護士の協力を得て、生活資金の融資相談や多重債務問題などにも対応し、2日間で29件の相談を受けました。

連合栃木は、労働問題の不当性が高いケースについては、連合栃木ユニオンに加入し団体交渉での解決や、場合によっては法廷闘争の支援に取り組むこととしています。

この相談会は民主党県連との共催で行い、簗瀬進代表を始めとする各級議員の協力を得て街頭での宣伝活動を実施し、市民の皆さんへ民主党の政策を含めて訴えました。

連合栃木では、「派遣切り」等を含めた労働問題について、専門のアドバイザーによる相談を日頃から受け付けています。お気軽にお電話ください。

フリーダイヤル 0120−154−052

(平日:9:30〜17:30)

| アジア・アフリカ支援米 »

ニュース一覧へ戻る