議員等擁立へ民主党県連と連携強化

トップ | ニュースアーカイブ | 議員等擁立へ民主党県連と連携強化

設立総会設立総会2

 連合栃木と民主党県連が連携し、地方議員などの擁立をめざす「議員等擁立協議会」の設立総会を2月23日、宇都宮市内で開催した。協議会は、連合栃木各地域協議会と民主党県連各総支部間でも立ち上げ、議員等の輩出に向けて連携を図ることとしている。

 挨拶した民主党県連代表の石森久嗣衆議院議員は、「連合栃木の皆さんとは、選挙時だけでなく政策面でもタッグを組まなければいけない。候補者擁立のほかにも、地域の政策やマニフェストづくりも一緒にやっていきたい。“生活が第一”の政治を実現し、生活者が満足できる地域をつくることが目的だ」と語った。

 また、青木義明連合栃木会長は、「地方分権が進み、我々の身近な公共サービスに対しての地方議員の責任が高まっている。連合栃木は、働く者を取り巻く環境の改善に向けて、県連と一緒に協議会を通じて地方議員等の増員を目指し、我々の政策をひとつずつ実現していきたい」と抱負を述べた。

 協議会は当面の活動方針として、次期衆議院総選挙体制の早急な立ち上げと、協議会の定期的な開催による早期の候補者擁立を図っていくことなどが確認された。

 

« JR宇都宮駅前でアピール ~労働相談ダイヤルの活用を~ | 要求実現に向け1,800名が気勢 春闘総決起集会 »

ニュース一覧へ戻る