海外労組若手役員と交流 JILAFが招へい

トップ | ニュースアーカイブ | 海外労組若手役員と交流 JILAFが招へい

jilaf02jilaf01

 連合栃木は、国際労働財団(JILAF)の「海外若手労組指導者招聘事業」としてアフリカ英語圏チーム(10名)を10月24~25日の2日間にわたり、受け入れを実施しました。

 初日は、連合栃木歓迎式から始まり、栃木県庁および栃木労働局(宇都宮市ハローワーク含む)を訪問し、県内全般の産業や労働環境について説明を受けた後、歓迎夕食会を含めた連合栃木三役(副事務局長含)との意見交換会を開催しました。二日目は、日産労組栃木支部のご協力を得て、車製造ラインの見学と労組役員との意見交換をさせていただきました。それぞれの訪問先ではチーム参加者より専門的な、鋭い質問を受け、回答する側も戸惑う場面もありました。

 とかく外国の方は、栃木県を知らなくても日光は知っているといった方が多い中で、また風評被害に影響されず、訪問いただいたことに感謝し、ご協力いただいた関係各位に対し御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

« アルミ缶プルタブ47kg寄贈 宇都宮市社協へ | 「連合・愛のカンパ」で県内2団体に助成金交付 »

ニュース一覧へ戻る