第3回中小労組交流集会を開催

トップ | ニュースアーカイブ | 第3回中小労組交流集会を開催

 

榎本博之氏 中小労組1

連合栃木は10月25日(土)、中小労組役員の交流と、スキルアップ等を目的に「第3回中小労組交流集会」を開催した。

第1部のセミナーでは、j.union㈱派遣講師の榎本博之氏(アズライト代表)から「財務諸表の見方・生かし方」をテーマに、貸借対照表、損益計算書、CF(キャッシュフロー)計算書の基本的な見方を解説いただいた。榎本氏は決算書について「人件費、労働分配率、負債に対する返済計画、中長期的な収益・債務超過の解消見込みなどを確認し、労使交渉に向けて有効に活用してほしい」と述べた。

第2部のグループ討議では、「組合役員の育成」、「労使交渉の方法」、「会社との日頃の関係構築」などをテーマに、活動の悩みや疑問などを出し合い、意見交換を通じて他労組の事例等を共有した。

 

 

« 宇都宮アルプス一角を踏破、森林に親しむ | 第7回年次大会を開催 »

ニュース一覧へ戻る