メーデー開催 ~誰もが働き、絆が出来る社会を目指して~

トップ | ニュースアーカイブ | メーデー開催 ~誰もが働き、絆が出来る社会を目指して~

 挨拶する青木会長P1120790

 連合栃木は4月28日、第83回栃木県メーデー中央大会を宇都宮市オリオンスクエアで開催しました。宇河地区を兼ねた中央大会には2,800人が参加。

 第83回メーデーでは、震災からの復興・再生を軸に「雇用と生活の再建」を基本的な考え方とし、「働くことを軸とする安心社会」の意義と労働組合の役割や使命を再確認しました。

 青木会長は冒頭あいさつで先ず、「東日本大震災から1年余が経過したが、復興をめざすには様々な課題を克服しなければならない。連合は、被災地を忘れることなく復興に力を注いでいく」と被災地への想いについて触れました。

また、「少子高齢化等による社会保障制度への不安や、格差の拡大など、雇用や生活における様々な不安を払拭するために政治や行政との関係において政策提言していく。すべての働く者の連帯と友愛を大切にし、構成組織やNPO、NGOなどの各団体と連合がめざす“働くことを軸とする安心社会”を共感しながら、運動の社会化に向けて取り組んでいく」と決意を述べました。

 来賓として、栃木県の佐藤順一副知事、栃木県労働者福祉協議会の伍井邦夫会長、栃木労働局の藤井敏行局長、民主党栃木県連代表の石森久嗣衆議院議員、社民党栃木県連合の松本昭一代表、連合栃木議員懇会長の佐藤栄県議会議員から、それぞれ祝辞・連帯挨拶をいただきました。

 その後、「メーデー宣言」、「東日本大震災復興にあたっての特別決議」を確認し、参加者に復興カンパの協力を呼びかけ、最後に青木会長による団結ガンバローを三唱し閉会しました。

 式典終了後の第2部では、県労福協の「福祉まつり」と連携し、お笑いライブ、YOSAKOIソーラン、わんわんショー、模擬店、青果販売、ミニSL、コスプレショーなどの企画に、家族連れの来場者やオリオン通りを通行する方にも楽しんでいただきました。

 栃木県メーデーの各地区大会は、4月28日から30日の間に、中央大会(宇河地区大会)を含め県内6会場で開催され、総勢13,000人(5/7現在集計中)が参加。団結を確認し、組合員や地域の交流を深めることが出来ました。

  メーデースローガン

日本全体でつながり・支えあおう!すべての働く者の連帯で働くことを軸とする安心社会を実現しよう!

 

P1120859P1120988P1120881P1120816P1120600P1130071

« 矢板市で地域政策研究会を開催 ‐議員懇談会‐ | アジア・アフリカ地域への支援米を田植え »

ニュース一覧へ戻る