県内6会場で盛大に開催 -第86回栃木県メーデー-

トップ | ニュースアーカイブ | 県内6会場で盛大に開催 -第86回栃木県メーデー-

加藤会長 ガンバロー IMG_0731

働く者の祭典・第86回栃木県メーデーは4月29日、鹿沼市の中央大会(なんたい地区大会)をはじめ、県内6会場で開催された。

中央大会会場の鹿沼市フォレストアリーナには、約1,500人が参加。中央実行委員会を代表して加藤会長は、「今年は戦後70年の節目の年。連合栃木はこれまで戦争の悲惨さを訴え続けてきた。次の世代に語り継ぐことが、私たちの使命である。二度と戦争を繰り返してはいけないと責任をもって訴えていくことが必要だ」と挨拶。さらに政府の労働者保護ルール改悪の動きに対しては、「長時間労働や過労死を助長するものだ。連合栃木は、ストップ・ザ・格差社会に全力を挙げて取り組むことを誓う」と決意を述べた。

式典では来賓として、馬場副知事、佐藤鹿沼市長、堀江栃木労働局長、福田民主党県連代表、太田社民党県連副代表、松井連合議員懇副幹事長らがあいさつ。その後、県議や市議などが紹介された。

大会ではメーデー宣言が採択された後、特別決議として「福祉カンパ及びオレンジリボン運動カンパ」と「労働者保護ルール改悪阻止!年金積立金は誰のもの?全国統一行動開始宣言」、メーデースローガンを、全員の拍手で採択。最後に加藤実行委員長の音頭で団結ガンバローを三唱して閉会した。

式典終了後は、カヌマンショー、よさこいソーラン勢やパフォーマンス、福引き大抽選会、子ども達へのプレゼントなど、参加者は楽しいひとときを過ごした。

 

IMG_0656 IMG_0669

« 統一選後半 市町議員選挙は18勝1敗 | 労働者保護ルールを守る!県内キャラバンがスタート »

ニュース一覧へ戻る