労働相談「ワークルール無視は許さない!」

トップ | ニュースアーカイブ | 労働相談「ワークルール無視は許さない!」

※このキャンペーンは終了していますが、労働相談は平日9:30~17:00まで実施しています。


「職場の悩みが、スッキリした!」

 

フリーダイヤル 0120-154-052  (相談無料・秘密厳守)

 

パ-ト・アルバイト・契約・派遣・臨時・非常勤などで働く皆さんのための、労働相談キャンペーンを実施します。

企業や役所等の年度末が近づくこの時期、非正規雇用で働いている人たちの雇止めや中途解約が懸念されます。「連合」では、パ-ト・アルバイト・契約・派遣・非常勤などで働く皆さんを中心に、『ゆるさない!ワ-クル-ル無視!!』をテーマに、全国一斉に『労働相談ホットライン』を実施します。

 

2016年2月4日(木)~6日(土)午前9時30分~午後7時

期間中は、特別に午後7時まで受け付けを延長しています

 

フリーダイヤル 0120-154-052  (相談無料・秘密厳守)

 

【2016.1.28】  プレスリリース資料

15106214_労働相談駆け込みダイヤルチラシ栃木_151207_ページ_1

 

 

◆◇相談者様からの主な悩み ~これまでの相談事例より~◇◆

〈パート〉

○無期雇用のパートとして、1年以上、1日4時間で週6日勤務している。募集要項には「有給休暇あり」となっていたが、会社側から「パートには有給休暇はない」と言われている。(女性、パート、九州地方)

○パートとして勤務している。上司から怒鳴られるなどのパワハラを受けており、ストレスが原因で持病が悪化してしまった。体調が悪く、有給休暇届を出して、他の事務の人に引き継ぎをして帰宅したところ、上司から電話があり、「すぐに会社に戻ってこい」と怒鳴られた。(女性、60代、パート、サービス業、近畿地方)

〈アルバイト〉

○仕事中に手首を骨折したが、上司からは「手首を固定したら仕事はできる」と言われた。痛みに耐えきれずに時々休んでいたら「休みが多いので次の更新はしない」と言われてしまった。(女性、40代、アルバイト、卸売・小売業、東北地方)

○求人広告を見て面接を受け、現在アルバイトとして勤務している。雇用契約書はもらっていない。しかし、仕事内容、労働日数、勤務場所が求人広告の内容と違う。社長に話しをしても、取り合ってくれない。(男性、20代、アルバイト、サービス業、関東地方)

〈契約社員〉

○会社側から「経営が厳しくなったので、退職してください」と言われ、やむを得ず了解し、現在有給休暇を使って休んでいる。しかし、昨日職場の仲間から新しい事務員が採用されたことを聞かされた。(女性、60代、契約社員、運輸業、北海道)

○契約社員として働いていた。退職する3ヶ月前に部長に退職する旨を伝え、了承された。部長からは、「社長には私から伝えておくので、直接言わなくていい」と言われていた。しかし、退職した月の賃金が給料振込予定日に支払われなかったため、会社に電話したところ、社長から「給料を支払わないとはいっていない。しかし、勝手に辞めたので損害賠償を請求する」と言われた。(女性、契約社員、関東地方)

〈派遣社員〉

○同じ派遣元から派遣されている同僚が嫌がらせをしたり、あることないことを派遣元に告げている。また、有給休暇を申請したときには、派遣元から「派遣先の信頼をなくす」という理由で、許可してもらえない。(女性、50代、派遣社員、近畿地方)

○派遣として現在の会社に5年間勤務している。会社から「次の契約更新はしない」と言われた。理由は「気に入らないから」ということであった。このような理由で、契約を打ち切られることに納得がいかない。(男性、20代、派遣社員、サービス業、関東地方)

〈嘱託職員〉

○1年契約の嘱託職員として勤務。あと2~3年勤務したいと思っていたが、トップが替わったことにより、「次の更新はしない」と言われた。「辞めてしまえ」など暴言のパワハラも受けている。日常の勤務も「時間外勤務なし」と契約書に明記されていたにもかかわらず、時間外勤務があり、残業代は未払いである。(女性、60代、嘱託社員、教育・学習支援業、近畿地方)

○60歳から再雇用の嘱託社員として働いている。管理職とは名ばかりで、残業代は一切払われない。長時間労働のため、肉体的にきつい。(男性、60代、嘱託社員、金融・保険業)

〈臨時・非常勤職員〉

○臨時・非常勤職員として勤務している。妊娠が分かり、上司に、引き続き働く意思があることを伝え、産休について確認したら「産休は取得できる」と言われていた。しかし、その後上司より「退職して欲しい」と言われた。応じなければならないのか。(女性、臨時・非常勤職員、公務、関東地方)

○臨時・非常勤職員として勤務している。仕事が多忙で、ギリギリで回している状態である。仕事がきつく疲れ果て、不眠症、過呼吸などの症状もでてきており、医者から1ヶ月ほどの療養が必要との診断を受けた。そのことを上司に話したが「仕事のせいにしないで!」「相談しないあなたが悪い!」などと言われ、取り合ってもらえない。昨年、一気に6名の職員が退職した。(女性、20代、臨時・非常勤職員、教育・学習支援業、九州地方)

 

« 「クラシノソコアゲ応援団」JR佐野駅前でアピール | 働く者の処遇改善へ!16春闘総決起 »

ニュース一覧へ戻る