労働者保護ルール改悪阻止!12.5全国統一集会

トップ | ニュースアーカイブ | 労働者保護ルール改悪阻止!12.5全国統一集会

連合栃木・加藤会長 本部中継 頑張ろう三唱

連合が9月から取り組んできた「STOP・THE・格差社会!暮らしの底上げ実現キャンペーン」第3弾の節目として、「労働者保護ルール改悪阻止!働く者・生活者のための政治勢力拡大をめざそう!12.5全国統一集会」が12月5日、東京で開催された。全国47都道府県の会場をインターネットで結び、連合栃木は宇都宮市内で約60名が東京の集会を見守った。

第3弾の取り組みでは、「残業代ゼロより、過労死ゼロ!」、「生涯派遣にNO!」を合言葉に、全国縦断アピールリレーを実施。連合栃木は、11月13日にタスキを引き継ぎ、13~14日にかけて県内で街頭宣伝を展開した。

集会で連合の古賀会長は「全国縦断アピールリレーで繋いできた働く仲間の連帯を、今度は投票行動で示そう」と訴えた。

栃木集会も、連合栃木の加藤会長の音頭で「団結がんばろう」を三唱して集会を閉じた。

極寒の中、参加いただいた仲間の皆さんのご協力に感謝申し上げます。

« 「れんコン」4組のカップル成立! | アベノミクスで女性が輝けるの?-連合栃木女性集会- »

ニュース一覧へ戻る