女性委員会第22回定期総会を開催

トップ | ニュースアーカイブ | 女性委員会第22回定期総会を開催

総会2P1110417総会1P1110382

 12月10日、連合栃木女性委員会は第22回定期総会を開催し、2012年度の活動方針と新役員体制を確認しました。総会には89名の代議員が参加し、来賓として栃木労働局雇用均等室の小山内恵子室長にお越しいただきご祝辞をいただきました。

 あいさつに立った相田委員長は「女性委員会は自ら企画・運営し、明るく楽しくをモットーに取り組んでいる。そしてこの女性活動を“つたえよう”“つなげよう”“ひろげよう”ということで、皆さんとともに取り組んでいきたい」と決意を語りました。また、今総会での委員長退任にあたり、「女性委員会の活動に初めて参加した時は、不安は大きかったが、今は楽しく活動出来たという思いが大きい。皆さんに感謝したい」と話されました。

 新委員長には連合栃木副会長の伊東晴美さんを始め、副委員長、事務局長、幹事など12名の役員を確認しました。

 連合栃木女性委員会は、社会のあらゆる分野への女性参加と連帯を促進し、女性に関する政策・制度の改善と、男女平等の社会づくりに取り組んでいます。年間を通じての活動になりますが、主には、「3.8国際女性デー」、「6月男女平等月間」、「女性集会」において、組合員の連帯を深める交流活動等に取り組んでいく予定です。

 

« 2011連合栃木女性集会を開催 -メンタルケアをテーマに- | 経済対策など要請「働くことを軸とする安心社会」へ »

ニュース一覧へ戻る