連合栃木の主張訴える「経営者団体へ春闘要請」

トップ | ニュースアーカイブ | 連合栃木の主張訴える「経営者団体へ春闘要請」

 連合栃木は2011春闘の取り組みの一環として県経営者協会、県商工三団体などの経済団体へ、春闘要請を行いました。 要請内容は主に、労働協約法や最低賃金などの法令遵守、ワークライフバランス社会の実現に向けた長時間労働の是正や不払い残業の撲滅、労働安全対策の強化など。このほか、春闘における各労働組合の取り組みの理解と早期解決を求め、青木会長をはじめ役員が、経営者団体側の役員と意見交換を行いました。

 連合栃木では、経営者団体以外に栃木労働局と栃木県(3/23)に対しても、労働行政や雇用対策の強化等を求めました。
3/1 県商工三団体へ要請書を渡す青木会長(左)

3/1 県商工三団体へ要請書を渡す青木会長(左)

3/3 県経営者協会に要請書を渡す青木会長(左)

3/3 県経営者協会に要請書を渡す青木会長(左)

3/3 栃木労働局の藤井局長に要請書を渡す青木会長(左)

3/3 栃木労働局の藤井局長に要請書を渡す青木会長(左)

« エコ・キャップを集めよう | 女性に対する暴力を廃絶へ「3.8国際女性デー」 »

ニュース一覧へ戻る